自家焙煎コーヒー豆|販売|通販 カフェゼロサン
カフェゼロサンバナー
苦み・甘味・酸味のバランスが絶妙、重層的で豊富なコクが広がり、余韻をたのしめる「トラジャサパン」新登場
スラウェシ島 トラジャサパン フルシティ(100g)
価格:610円(税込) 商品番号=no.000008 香り ○ コク ○ 酸味 ○ 苦み ○ 甘み ○
スラウェシ島 トラジャサパン フルシティ(200g)
価格:1180円(税込)商品番号=no.200008 100g単価=590円
スラウェシ島 トラジャサパン フルシティ(300g)
価格:1740円(税込)商品番号=no.300008 100g単価=580円
スラウェシ島 トラジャサパン フルシティ(400g)
価格:2280円(税込)商品番号=no.400008 100g単価=570円
スラウェシ島 トラジャサパン フルシティ(500g)
価格:2800円(税込)商品番号=no.500008 100g単価=560円
国旗 産地の特徴など
古くから、日本の技術提供により、スラウェシのコーヒーは発展を続けてきました。結果として、トラジャコーヒーは、マンデリンと並んで、インドネシアを代表するコーヒーとなっています。我々のコーヒーは、標高の高いサパンという、コーヒー栽培に適した地域のもので、トラジャの最高級品と言われています。
今回ご紹介するのは「トラジャサパン」です。
生豆の見た目はマンデリンですね。香味はマンデリンとは異なり、独自のものといってよいでしょう。生豆はやや小粒ですが大きさはそろっていてグレードの高さがわかります。2010~2011年頃に販売していた「フローレス島 オーガニックマンガライ」もこんな感じでした。
インドネシア・スラウェシ島サパン地域
農園名:ムリカ・コピ・アバディ社
標高1600~1800m
品種:ティピカ種
精製方法=Semi-Washed(水洗式)
2018クロップ
  焙煎と味わいの特徴
「苦み・甘味・酸味のバランスが絶妙」「重層的で豊富なコクが広がる」
苦みに特徴があるコーヒーではあります。深煎りにすると濃厚な苦みのコーヒーになり、これも悪くはないのですが、やや単調な味になるように感じました。検討の結果「素敵な甘味&酸味」を活かしたかったので「フルシティ」ロースト少し浅めの焙煎度にしました。
この焙煎度ですと、苦み・甘味・酸味のバランスが絶妙、重層的で豊富なコクが広がり、余韻をたのしめる、たまらなく美味しいコーヒーになります。
やさしく包み込むようなまろやかな苦み、広がる自然な甘味・コク。飲み口がよいので気がつくとカップは空になり、またお代わりしたくなる。また冷めてもおいしくいただけます。焙煎度的には「スマトラタイガー」と同じくらい。
ローストレベル 2019年3月11日から販売開始
ティスティング評価 ◎=強く感じられる ○=感じられる △=少し感じられる
地図
100g価格が基準です 100g税込み価格=610円(税抜き:565円)
200g税込み価格=1180円(税抜き:1093円) 300g税込み価格=1740円(税抜き:1611円)
400g税込み価格=2280円(税抜き:2111円) 500g税込み価格=2800円(税抜き:2593円)
豆の状態(挽き加減について)

コーヒー豆 通販 カフェゼロサン

〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町566大容ビル1F
TEL03-6666-8227 FAX03-6666-8228
E-mail info@cafe-03.net