自家焙煎コーヒー豆|販売|通販 カフェゼロサン
カフェゼロサンバナー
エクアドル ガラパゴス諸島サンタクルス島 サンタクルス農園 ガラパゴス サンタクルス ブルボン シティ(焙煎豆)
ボリビア地図 ガラパゴス焙煎豆
ボリビア国旗 ガラパゴス サンタクルス ブルボン シティ 販売終了
購入数
価格:690円(税込)焙煎豆=100g
商品番号=no.00047 〜10月14日受注分で販売終了になりました
エクアドル共和国
香り ◎ コク ◎ 酸味 ○ 苦み △ 甘み ○
販売終了
生豆 南米「エクアドル」の国名は、スペイン語のEcuador terrestre(赤道)に由来します。赤道直下の国エクアドルは、日本ではバナナがいちばん有名かも知れません。本土から約1000キロの沖合に浮かぶガラパゴス諸島。周囲から隔絶された環境のため、独自の進化を遂げた生物が暮らしています。ガラパゴスにコーヒーの木が持ち込まれたのは1869年と言われています。フランス人の探検家がブルボン種を持ち込んだそうです。
サンタクルス農園は1990年に現在の農園主ゴンザレス家が古いプランテーションを発見し、栽培を再開したものです。(というわけで、独自の進化を遂げたコーヒー豆というわけではありません・・・)世界遺産に登録されている島なので、法律により農薬、化学肥料の持ち込みが禁止されています。2008年4月に日本に着いたばかりのニュークロップなので、グリーンが濃く、粒ぞろいのきれいな生豆です。生産量が限られ、希少性もあることから、プレミアムコーヒーになります。当店の販売価格(100g=690円)としては少々高めです。
農園名:サンタクルス農園 標高375mでも島特有の気候のため、標高1150mに匹敵する。スギやインガを利用した日陰栽培。年間降水量1750ミリ。OCIA認証有機栽培
精製方法:水洗式 品種:ブルボン種100% 0708クロップ
■生豆の写真をクリックすると拡大します。
サンタクルス袋 焙煎と味わいの特徴
香り、コクがきわだち、ほどよい酸味が魅力の「シティロースト」でお届けします。
「ハイ」から「フルシティ」くらいまでおいしくいただけると思いますが、飲みやすさ、特徴を活かした焙煎度は「シティ」ですね。当店のコーヒーでいえば「マラウィ」と同じく、「香り・苦み・甘味・酸味・コク」と高レベルで5拍子そろった、バランス系のコーヒーといってよいかと思いますが、「サンタクルス ブルボン」のポイントとしては「コク」「酸味」にあります。南国の青空を思わせる、軽やかな酸味の余韻をおたのしみください。余韻があるけど、突然すっと消える感じですね。ついついカップが進みます。
酸味は「マラウィ」「コロンビア ポパヤン ハイ」と同じくらい。08年5月より販売開始
 
10月14日受注分をもって生豆完売のため、販売終了となりました(09/10/14)
豆の状態(挽き加減について)

コーヒー豆 通販 カフェゼロサン

〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町566大容ビル1F
TEL03-6666-8227 FAX03-6666-8228
E-mail info@cafe-03.net