自家焙煎コーヒー豆|販売|通販 カフェゼロサン
カフェゼロサンバナー
ブルンジ ムミルワ地区 ソゲスタルコーヒー組合 ブルンジ ムミルワ(焙煎豆)
ウガンダ ブギス
2012年7月20日から販売開始
ブルンジ国旗 ブルンジ ムミルワ シティ(+)(100g)販売終了 商品番号=no.00018
香り ○ コク ○ 酸味 △ 苦み △ 甘み ○
価格:440円(税込)
購入数
販売終了
ブルンジ ムミルワ シティ(+)(300g)
100g単価=400円
価格:1200円(税込)
商品番号=no.300018
販売終了
ブルンジ ムミルワ シティ(+)(500g)
100g単価=380円
価格:1901円(税込)
商品番号=no.500018
販売終了
生豆 産地の特徴など
ブルンジは中部アフリカの内陸国で、お隣りのルワンダとだいたい同じくらいの、北海道の1/3程度の小さな国です。コーヒー、茶は主要産業です。ブルンジにコーヒーが伝わったのは1933年。ベルギーの宣教師がレユニオン島から持ち込みました。ブルンジにコーヒーが持ち込まれた当初はブルボン種のみでしたが、現在ではティピカも栽培されています。産地はブイェンディ、キリミロ、ムミルワの3エリアがります。今回お届けするムミルワはその中でもいちばん小さい産地で、ルワンダとコンゴの国境沿いにあります。ブルンジ産コーヒーは初めて取り寄せてみましたが、生豆はきれいで粒もそろっており、欠点豆は極めて少なく、その点でいうとタンザニア、ケニア以上で、ルワンダ・マラウィクラスの仕上がりでした。素晴らしい仕上げです。
■生豆の写真をクリックすると拡大します。
  ルワンダとコンゴの国境沿いムミルワ地区 標高1100-2000m、年間降雨量1100ミリ
ソゲスタルコーヒー組合(小規模農家)4つのウォッシングステーションで精製
品種:ブルボン、ティピカ フルウォッシュド 
2011クロップ(日本入荷2012/06)2012年7月20日から販売開始
  焙煎と味わいの特徴
「豊富な甘味とひろがるうま味」「アフリカンマイルドコーヒー」
カフェゼロサン初登場のブルンジコーヒーをひとことで説明すると「中米産コーヒーを思わせるバランス系のコーヒー」でアフリカンマイルドコーヒーといってもよいでしょう。クリーンなカップ。その持ち味を活かすために、焙煎は深煎りにし過ぎず「シティローストの少しだけ深め」にとどめています。特徴ある香りというわけではなく、ややおとなしめ(チョコレート、フローラルでしょうか)ですが、何より「豊富な甘味とひろがるうまみ」が魅力です。
酸味は少し活かしています。後口がよいので、何杯でも飲みたくなりますね。
シティロースト ローストレベル
2013年1月20日受注分をもって生豆完売のため販売終了になりました

 

ティスティング評価 ◎=強く感じられる ○=感じられる △=少し感じられる
国旗をクリックするとフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』へリンクします。
当サイトのショッピングカートは、ベリサイン社のSSL暗号化通信によって保護されております。
安心してご利用ください。
豆の状態(挽き加減について)

コーヒー豆 通販 カフェゼロサン

〒162-0041東京都新宿区早稲田鶴巻町566大容ビル1F
TEL03-6666-8227 FAX03-6666-8228
E-mail info@cafe-03.net